Pocket

波動調整の原理は

『何もしない』
『ありのままの自分で在る』

ということをお伝えしました。

それの何が奥が深いのか?

『ありのままの自分で在る』ということは
“ありのままでいられない自分”に気づき、
“そのままの自分”を受け容れること。

波動調整では

“そのまま” と “ありのまま”

を明確に使い分けています。

“そのまま”は、まさに今の自分。
“ありのまま”は、ブロックのない進化・成長し続ける自分。

私達は生まれ落ちてから育っていく過程の中で
様々なプログラムがインストールされ、そのプログラムが無自覚に動いています。

“何もしないで、そのままでいいよ”と言われても、
様々なプログラムが動いていて
身体一つを例に取っても、肩に緊張感があったり、
呼吸が浅くなっていたりなど、
無自覚に余計なスイッチがオンになっていることがしばしば・・・

観念や信念・思い込みといったものもそう!

例えば
素の自分はダメだとか、ちゃんとしようなど、
そういった1つ1つの意識がすべて身体に表れています。

常に身体は意識の投影ですからね。

だからこそ波動調整では、そんな自分に気づいて受け容れていく。

施術者がそのままの自分に気づき、受け容れていくほど、ありのままの自分に還っていきます。

そのありのままの自分の波動がクライアントと共振するのです。

波動調整の施術というのは

人と向かい合うことによって、自分一人の時には気づけない
“ありのままでいられない自分”に気づき、”そのままの自分”を受け容れていく

無意識に”ON”になっている状態に気づき、意識して”OFF”になっていく。

つまり

施術を通して自身の在り方を磨いていくためのものなのです。

そして、意識、意図で、身体が変わるという体験を通して
この世界が本当に意識、意図で創り出されているということ、

自分が本来の自分で在ることで
周りにも素晴らしい影響を及ぼすことを

腑に落としていくためのもの!

『オファーとエコー』でお伝えしたように
自分自身の在り方が変われば、
自分の創造していく世界も変わります。

だからこそ、波動調整は施術をしてもらうだけに留まらず、
主体的に現実を創造することを学ぶ施術者になることをおススメしています。

 

波動調整®公式メルマガ『ありのままの本当のわたしで生きるために』

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です