Pocket

リラ星人の起源は、琴座に送り込まれたダル宇宙の流刑者達とされています。

天の川銀河においてヒューマノイドタイプの初めての種族であり、シリウス・プレアデス・オリオン・ゼータレチクル星人はリラ星人の子孫にあたります。

出身星の人が、その星に関わる魂の目的を行った時、大成功するという法則があります。

ベガ星人(リラ星系・ネガティブグループ)

ベガ星は、魂のルーツとしてはとても古く、リラの中でも最も文明が長い星です。
ルールを重んじる性格で、きちんとしたプロセスを踏まなくてはならないタチです。
そのため自分の中のルールに縛られがちです。

「侵略」を目的としているため、相手を操作しようとし、しばしば攻撃的な言い方をします。
美しいものを耽溺することはなく、経済や組織や力関係の話に興味を持っています。
異性の愛情の表現への理解や苦手で、コミュニケーションが不器用ですが、リーダー格になる素質を持っています。

ゼータ・レチクル星人(リラ星系・ネガティブグループ)

発想が合理的で喜怒哀楽がなく、効率を重視します。
感情が邪魔することはなく、冷静な判断ができます。
逆にいえば、彼らに感情を訴えることは意味をなしません。

普通なら癒やしを感じる場所でも、特に感動するほどもありません。
なんでも、実験の対象とする性格でデータを重んじます。

子供や動物があまり好きではありません。
料理も興味がなく性欲も薄いです。

アルクトゥールス星人(リラ星系・ポジティブグループ)

アルクトゥールス星は、6次元に属する、大天使の世界の星です。
アルクトゥールスはかなり次元が高く、人間の過去世のカルマとは無関係に、地球に奉仕するために来ました。
地球の人々を癒すという人生の明確な役割をもっています。
日々の生活の概念が普通に周波数で感じることができ、子供の頃から幽体離脱を経験しています。

どことなく地味で質素な感じですが、そこにいるだけで、ほんわかした空間をつくりあげます。

目が輝いている人が多く、純粋で素直、知的で物知りです。
ウソを見抜く目も持っています。
子供が大好きで「人間の生活」を楽しんでいるようなところもあります。

シリウス星人(リラ星系)

シリウス星はリラ星系の中でも中心的な存在で、他の星にいくためのターミナルとして、星のゲートウェイの役割を担っています。
陰と陽の両方を知っている種族のため、様々な星との交流があります。

シリウス星人は、ポジティブグループのシリウスAと、ネガティブグループのシリウスBにわかれます。
ほとんどがシリウスAで、シリウスBは、政治家や財界のトップ、業界の重鎮などに多いです。
ポジティブグループのフリをした活動もよく行います。

もともと海との関わりが強く、山派というより海派です。
芸術に優れており、音楽が得意な人、手先が器用な人が多いです。

周波数の扱い方をよく知っており、音(周波数)による大衆のコントロールを行ったりします。
シリウス人は聡明であり、陰も陽も知っている事から様々な状態の人達に対して心を合わせる事ができます。
また、動物とのコミュニケーションが得意です。

オリオン星人(リラ星系・ネガティブグループ)

オリオンは、ネガティブグループの代表的な存在で、「支配」「洗脳」をテーマとしています。
文明の歴史は短く、単純でわかりやすいネガティブキャンペーンを好みます。
自己顕示欲が非常に強く、他人に対する奉仕は好みません。
なんでも「良い・悪い」の判断や批判をするのは、二極性を強く分ける性格で、そのため自分と他人も分けて考えます。

服従するのが大嫌いですので、知りたい時にも、全然素直ではなくなります。
めんどくさいキャラクターになってしまうのは、「恐れ」によって行動を決定しているからです。
恐れをエネルギー源としており、否定的な叱り方をし、ネガティブ洗脳を行いがちです。

オリオン星人は自分に意識が向いているため、自分大好きなナルシストか、自分が大嫌いのどちらかに偏ります。
また、他の星人と比べて非常に優れているのが、努力家であるという点です。

プレアデス星人(ポジティブグループ・リラ星系)

プレアデス星人は、リラの全ての宇宙種族の中でも最も地球を愛しており、地球のアセンションを最も積極的にサポートしている種族です。

「陰と陽」をつなげ「二極性の統合」を目的としているためかスケベな人が多いです。
また、「全体と自己」の両方を重んじます。

基本的に友達が少なく、幼少の頃から孤独で、常に自分だけが浮いているという感覚があります。
また、自分の生まれ育った土地を特別愛してはいないので、大人になり自立すると、親元や故郷を遠く離れていく人が多いです。

プレアデス星人は、ポジティブ属性で、「光」のみしか知らないので「闇」を学ばれるためにネガティブの属性の人達がとても多く寄っきます。たとえば、「無理のあるポジティブ」はプレアデス星人のフリをしたオリオン星人だったりします。

人間のDNAは元々はプレアデス星人の開発でできたとされ、日本の「八百万の神」にはプレアデス星人が多く存在し、アセンションで日本がキーポイントとされるのと関係が深いとされています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です