Pocket

仏陀は「一刻も早く輪廻のサイクルから抜けなさい。二度とこの世界に生まれて来てはならない」と言われました。

「輪廻」は何度も繰り返し生まれては死に、死んではまた元の世界に生まれてくるという「終わりのない繰り返し」のことを言い、
「転生」は「死後、新たな計画のもとに自分の意志でどこかの世界に生まれる、もしくは移行する」ことを言います。

本来ならば死んだ魂は必ずアストラル界に行き、その人生をそこにいる奉仕者たちと共に考え、どんな経験をして、どんな知恵を得ることができたのか。

また逆に、どんな経験をして、何について疑問を持ったのかについて模索していきます。

その結果によって次の人生を計画し、次の人生を実り多き人生にするために、
必要な知恵や力や才能、あるいは遺伝的な癖や民族的な習慣などをまとめて提出してすべてが揃うタイミングを待ちます。

もちろん、転生先は必ずしも地球とは限りません。

しかし、魂をリサイクル化されてからは、多くの魂が久しくアストラル界に変えることができずにいます。
それを嘆いて仏陀はこのように説いたのです。

 

<提供元>

★サアラの【あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です