Pocket

プラーナは、「気」ともいえるもので、人間が生きるために体に取り込んでいるエネルギーです。

インド哲学では、同時に人間存在の構成要素の1つである風の元素をも意味しており、生き物 (すなわち息物) の生命力そのものとされています。

プラナ療法は、日本には明治時代に入ってきて、宇宙論的なエネルギーを利用して、呼吸法やお手当て治療を行いました。

理論は日本の霊術と全く同じとされ、霊術のひとつである臼井式霊気療法を起源とするレイキも同様のものと解釈されています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です