Pocket

「いつ歌った」だけでなく「どんな歌」を歌ったのかも聞いてみると、最近おこった出来事に対してとう感じているかを読みとくことができます。

【質問】「1人で歌をうたったのはいつ」と聞かれて「鼻歌を歌った時」をあげる方が多いようですので、今回は「鼻歌」についての深層心理について解説していきます。

まず、鼻歌は自分の気分に連動することでのリラックス効果があります。
ウキウキしている気分を実感するための同調効果もありますし、悲しい時や落ち込んだ時に自分の気持ちをコントロール手段として無意識に出てくることもあります。

これは人間には物事と同調したい欲求があるからだとされています。
基本的には自分を気持ちよくさせたい願望の表れと解釈していいでしょう。

また、過去の強烈な思い出に、その時に聞いた歌が焼き付いていることもあります。
この歌が出てくるときは、こんな時なんだというルールがある可能性もあります。

嫌いな歌を思わず口ずさんでしまうときは、きっと今が精神的に不安定なのでしょう。

一般的には鼻歌を歌うときは、リラックスしている時で、心地よさに陶酔している時です。
普段、鼻歌をうたわない人が最近鼻歌をうたったのであれば、何かいいことがあったのでしょう。

また、すでにある曲ではなく、即興で作詞作曲してしまう時は、何か新しいことがおきる予感を深層心理で感じているかもしれません。

「いつ歌った」だけでなく「どんな歌」を歌ったのかも聞いてみると、最近おこった出来事に対してとう感じているかを読みとくことができるかと思います。

絆を深める36の質問

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です