Pocket

表立って怒っていたら、さすがに人や愛は寄ってきそうにないですが。

内に秘めた、抑圧されているような怒り、不満は、巧妙に愛やパートナーを遠ざけるのが得意です。

「(いつも人当たり良く)早々なことでは怒らない」

「怒りや不満はないし、たまにあってもポジティブに感じ方を変えるわぁ」

「いつも相手のことを思いやり、良いように努めています(そのことを、相手はわかっているのかしら?ーわかっているはずよね・・・(自問自答)」

・・・ご本人が気づいていないレベルの怒り・不満とは、慢性的に我慢している状態です。

自覚なく、被害者的に受け入れている、ということもあります。

これは、不思議なほど恋愛やパートナー(求めているはずの人)を近寄らせないパワーがあるものです。

他にも要因はありますが、それらの要因も、この秘めた怒りや不満が関わっている可能性があります。

いろいろな考え方はありますが、心理・精神的な見地から言えば、怒りがあることは、恥ずかしいことでも、隠すべきことでもありません。

怒っている人は、悪い人でも、大人げないわけでもありません。

世の中的には、TPOを選ばないと、マズイとされますね。

unnamed-1

そもそも、なぜ、本人すら気づかないレベルの怒りになるのでしょう?
自分のことなのに?

それは、うちに怒りを秘めて押さえ込んでいると、自分をコントロールする働きが起こるからです。

「自分でも気づかないように」コントロールします。

怒りや不満に鈍くなるように、感覚や感性全般も抑え込まれます。

ちなみに、愛やパートナーのテーマに限らず、ヒーリングやエネルギー、イマジネーションの感度ももれなく鈍ります。

さらに、自分をコントロールすると、周りまわって、相手や周囲も不自然にコントロールすることになります。

秘めた怒り、不満を象徴する行動や現象として、

暴力的な映画、戦闘的なゲーム、戦いで発散する競技を好む

・・・外向きに表現されていますね。

あまり抑圧期間が長く、濃密になると、反社会的、破壊的な行為に発展します。
しかも対象は無差別化。

病気、肌の問題、アレルギー、不安や心配、事故、お金に対する欠乏感と貪欲

・・・内向きに表現されているものですね。

自虐的、自己破壊的です。
間接的に対象に訴えようともしますが、その対象者には直接届かないのが常です。

さて、愛情関係や、パートナーシップに対しては、

それらを求めながらも遠ざけるパターンや(内向きエネルギー)

相手や状況を責めたり批判的になる(外向きエネルギー)

・・・といったカタチに現れます。

今どき、平均的な生活をしていても、イライラや怒りのエネルギーに接触することは多いものです。

普段は、愛やパートナーシップの豊かな関係にあっても、相手に対して嫌悪感を感じ始めたり、批判的・攻撃的!になってきたら、秘めた怒りや不満をお掃除するサインかもしれませんね。

怒りを昇華したり、怒りや不満へ免疫力をつけるとしたら、自分自身が穏やかに平和であることでしょう。

さすれば、怒りや不満があるとき、その事に気づきやすくなり、理にかなった発散、解放するやり方をも見つけやすくなります。

 

「自分らしく人生のステージをあげる」志麻ヒプノ・ソリューション

「志麻絹依メルマガ」志麻ひぷのTIMES購読(無料)志麻絹依

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です