Pocket

「愛を語る者は多いが、愛を見た者はいない」という名言があります。

愛を感じるときには、「愛が在る」ことがわかるものですね。

感じる・信じるところに愛は存在し、感じない・信じられないところには、愛は消えます。

今日は、「愛の貯金箱」をご紹介します。

unnamed

「愛の貯金箱」を持つと、愛に敏感になり、感じる・信じることに慣れていきます。
より鮮明に実感が湧く機会が増えるでしょう。

また、「愛の貯金箱」に愛が貯まったら、それを活用することができます。

自分専用の「愛の貯金箱」を持っても愉しいし、どなたか大切な人・存在と一緒に「愛の貯金箱」を貯めて豊かにしていくのもハッピーで面白いですね。

トレーニングや鍛錬、自己観察、啓発などがお好きな方は、リアルなやり方があります。

自分専用の「愛の貯金箱」を用意します(他の目的に使っていない貯金箱がベター)。

毎日、愛や温かい想いを感じた時に、チャリンとコイン(硬貨)を入れていきましょう。

お札が入る貯金箱であれば、1,000〜10,000円でも結構ですよ。

しかし、音の響きはここち良いものです。

年末まで、どれだけ愛や温かい想いが貯まるでしょう。

テーマは、癒しや優しい気持ちなど、具体的なハートの感覚でも良いです。

ただし、この貯金箱を貯める期間は、3か月ほどがベターです。長くても半年ほどですね。

なぜなら、愛や想いは、時間が経つと古くなり使えなくなります。

溜め込んだ愛、想いほど厄介なことはありません。

少し複雑な事情がある中、数年同棲している(内縁の)ご主人に対して、倦怠期を感じているNさん。

「まぁ、うまくいっていると思うし、彼も私を大切に思ってくれているように感じますけど。
ただ、私の方がストレスが溜まったり、彼が思うようにやってくれないと、つい彼のこと(=事情)を持ち出して、一人でイライラ、悶々としちゃうんですよ」

そんなNさんの解決方法を透視カウンセリングしていくと、ゴシック調の貯金箱が視えます。

それは、Nさんにとっての「愛の貯金箱」を使ったら良い、というメッセージでした。

ほぉ、なかなか・・・ということで、みなさまにもシェアさせていただいた次第です。

近日、別バージョンの「愛の貯金箱」2をご紹介したいと思います。

 

「自分らしく人生のステージをあげる」志麻ヒプノ・ソリューション

「志麻絹依メルマガ」志麻ひぷのTIMES購読(無料)志麻絹依

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です