Pocket

母親の都合を押し付けられて育った人は自尊心が低くなる傾向があります。 自分の気持ちが分からなくなり、相手にふりまわされるようになります。 相手にとっては、都合のいい存在になるかもしれません。 でも実はその逆で、本人自身は自分を大切にできないので、相手を大切にできなくなるのです。

【質問】母親との関係はどうですか?それを象徴するエピソードを教えてください。

【解説】心理学では母親との関係が人間関係の基本となるといわれています。
最初から深く関わるのは母親ですし、その後も多くの子どもにとって母親と一緒にいる時間が圧倒的に多いからです。

心理学では「癒着」という言葉があります。
これは相手を自分と同一視してしまうことを指しており、その多くは「母子癒着」に起因しています。

母親が子離れできないことでの「癒着」もあれば、母親が面倒を見てくれなかったことでの「潜在意識にもぐっている癒着」もあります。
後者の場合は「甘えてはいけない」という考えで封じて育ってきたために、後年になって異性に「癒着」してしまう可能性もあります。

一説によると、「自分の母親が嫌い」という人はほぼ半数いるようです。

なかでも、母親の都合を押し付けられて育った人は自尊心が低くなる傾向があります。
自分の気持ちが分からなくなり、相手にふりまわされるようになります。

相手にとっては、都合のいい存在になるかもしれません。
でも実はその逆で、本人自身は自分を大切にできないので、相手を大切にできなくなるのです。

ただ、多くの場合は、自分が親になって母親のことが理解できるようになってから解決に向うようです。

絆を深める36の質問

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です