Pocket

バイオフォトンとは、生命と光子をかけあわせた造語で、あらゆる生物から発光される光の粒子で、1960年に発見されました。

 

ケガや事故で分断された経絡からは、バイオフォトンが正常に放射されず、経絡上の他の部位に症状として出ることがあり、この分断された経絡を特定し、経絡をつなぐセラピーがバイオフォトンセラピーです。

 

バイオフォトンセラピーは、「スターライト」と呼ばれる経絡セラピー機器による通電によるエネルギー療法で行われます。

 

アレルギーの治療や、脳力や治癒力を高めるという目的で活用されています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です