Pocket

「引き寄せ」の法則では、こんな説明がされています。

「ベントレーが欲しい」と思っていると、「ベントレーが手に入っていない自分」が引き寄せられる。

一方で、売上計画をきちんと書いておいたり、目標の数字をあげておくと、現実が引き寄せられるなんてことは、みなさんの経験にあることでしょう。

要は自分の脳への信憑性なわけですね。

売上計画は、あんまり逸脱したものになりませんし、アプローチ数や成約率など、さまざまな係数を入れていくわけですから、信ぴょう性が増すわけです。

できそうな数字をあげて、自分に信用させ、
そして、自分の潜在意識にインプットしているわけですね。

ということは、詐欺師と変わらないわけです。

自分をいかに騙すか、あるいは社員をいかに騙すかがポイントということになります。

じゃあ、ベントレーぐらい手に入れたっていんじゃん。
それぐらいも「自分を騙すことはできないか」ということになります。

仕事上の数字の積み上げは現実になりやすく、ご褒美的な欲望が、現実になりにくいのはどういうことだろうか、という疑問が湧いてきたので、ちょっと調べてみたところ、こういう答えがありました。

(信用するかどうかは読者の判断です。自分を騙すことが目的ですから。)

「ちょっとお金が入ってきた」と喜んで「自分へのご褒美」として浪費することは典型的な「貧乏人の考え方」だからだそうです。

「お金儲けて、ベントレー買うぞ」というのは、プラマイゼロの暗示みたいですね。

そこで、私は思いつきました。やるかやらないかも読者の自己判断でお願いします。

売上計画欄にベントレーなる行をつくり、1.3ベントレー、1.4ベントレー、1.5ベントレーと打ち込んでいく手法です。

脳科学的にも、ワクワクした思考は、ワクワクした現実を呼び寄せるとされています。

数字の計画だけ出したとしても、現実になりづらいのは、ワクワクしないからですよね。

潜在意識に「どうせできない」という思考がちょっとあるだけで、実現を妨げます。

だったら、ふざけていても、ベントレーと書いておけば、「バッカだなあ」って自分で笑ってニコニコできます。

これを「ベントレーの法則」と名づけました。

車が欲しくなければ、120ヘルスでも90ソープでもいいです。
10愛人、20愛人でも、10ブルガリ腕時計でも、20ロレックスでも。
女性であれば、5エルメスバッグ、6サンローランバッグ、みたいな感じでしょうか。

ちなみに、海外高級車は下取り価格が高いので節税向きです。
社用車にすれば、会社のお金を守ることができます。

自分のご褒美じゃなくて、会社のお金を守るという意味で理に合ったことなのです。

【お客さんとあなたのサービスが引き寄せられる法則】
「引き寄せの法則」をちょっと違った角度(インターネットマーケティング)から科学的に捉えた集客のためのメール講座です。
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です