Pocket

セックスの善悪談義なら究極がこれになる。

「愛のあるセックスがよくて愛のないセックスが悪い。」

そんなわけあるか、と思う。
そもそも愛とは何かなんて不鮮明なものを軸に、セックスを肯定したいだけ。つまり、セックス=悪いものって方程式が下にある。そしてそれをしてる自分にも罪悪感を抱いて、いやでも愛があるからセーフでしょ、綺麗な白じゃないかもだけどかぎりなく白に近いグレーでしょ、みたいな深層心理がそこにある。
そんなのをいちいち考えてて、ねぇ、疲れない?

 

セックスはしたいからするもの。それだけ。

だから射精しないセックスも巷で話題のスローセックスもAVみたいな男性本位のセックスもSMプレイもいちゃちゃするだけのセックスもそもそもセックスレスも、みんなOKなの。どれがよくてどれが悪いかなんてない。ただそこに、「自分が好きかどうか」があるだけ。

 

だから「愛のあるセックスをしましょう」って人に強要したりだとか、「SMなんて変態だ」「バージンはとっとくべき」とか言ってる人はただ、自分でセックスを肯定できてないだけ。セックスしてる自分を肯定できないだけ。本当にセックスをココロから楽しんで、そこに幸せを見いだしてる人は、そんなこと言わない。ただ、下ネタを楽しむだけだ。

http://sexrecipe.hatenablog.com/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です