Pocket

結婚前から勤務していた企業で、総務・経理・給与・社会保険等の仕事をしながら、二人の息子を育てる。

少期の習い事は、人並みに丈夫な身体になって欲しいという思いでスイミングを習わせる。

 

大好きなアーティストの曲や、映画音楽など、心境に合った曲を奏でることが出来るようになって欲しい… 

そんな願いからピアノ教室へ。

 

また自主的な学習習慣を身につけさせたくて公文学習教室へ通う日々。

しかし小学校・中学校までは、息子二人の行動を見て見ぬ振りをしながら、自由奔放に自分のやりたいことをさせることに。

息子たちにNOを突き付けない! それが反って良い結果を生む・・・

 

息子二人、高校に進学後は自分が進学したい大学・大学院へ目標を設定して、毎日深夜まで勉強に明け暮れる。

 

努力が実を結び、長男は東京大学大学院博士過程を卒業後、ドイツの大学へ留学し、博士号を取得する目的で、現在も自身の研究に没頭中。

 

二男は東京工業大学大学院 修士課程を卒業後、大手ゼネコンに就職し、設計部での仕事を続けながら、一級建築士の国家試験合格を目標に日々奮闘中。

 

以上、子育ての経緯。

 

 

息子二人を国立大学の大学院へ、入学・卒業させた経験から、いつの日か子育ての教育方針についての相談を受けることが多くなりサロン経営と並行して、子育てアドバイザーの経験も積み重ねる。

 

長男が大学院へ進学し、二男が大学へ進学した直後から、夫と共に米国のSan Diegoで暮らすようになる。

いつしか、友人たちとセックスレスについて語り合っていた丁度その頃、地元紙でSEXセラピストというお仕事がある事を知り、色々調べて5件ほど説明を聞きに伺う。しかし米国内で自分に合うセラピストに出会ず、日本国内で探すことに・・・

 

そんな中、日本で活躍しているセラピストを探したところ、◯◯氏の人柄の良さ・豊富な知識・セラピストとしての実績に衝撃を受け、東京で行われたセラピスト養成講座に参加したのをキッカケに数年間勉強して、子育てアドバイザーの経験も活かせるSEXセラピストを始める

 

現在、ブラジリアンワックスサロン経営・子育てアドバイザー・SEXセラピストの仕事を行なう。

 

ブラジリアンワックスで、脱毛をしながら、誰にも話せない体の悩みや、SEXの悩みを聴いて、お話しや、アドバイス、悩める女性のための支援活動も幅広く行っている。

 

簡単に時系列で述べました。

 

セックスのついて悩みを抱えている方、またSEXセラピストそのものに興味がある方、お話ししませんか? 多くの方からの御連絡をお待ちしています。

http://lovelove1214.jimdo.com/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です