cat

心理学からの解説|絆を深める36の質問

「絆を深める36の質問」について、心理学から解説していきます。


「憧れの人」の深層心理とは?

憧れの人をあげてもらって、その人の素敵だなと思った要素を取り出します。それこそがジョハリの窓の「未知の窓」にある自分であるの可能性があります。 「自分がまだ気づいていない可能性の自分」をあなたが見つけてあげると、自分のことをそう見てくれているんだと思うことでしょう。
詳細を読む

「有名になりたい」の深層心理

まずは、マズローの承認欲求が考えられます。相手が有名になりたい度合いで、その欲求の深さを知ることができます。 また、有名になるための手段を聞くことで、その人の「覚悟」や「努力」の度合いを知ることができます。
詳細を読む

伝える前に話を整理しない人

そういう相手の話は、いったん受け止めましょう。 具体的には「それは大変だったね」などと、相手の気持ちを代弁してあげることです。 相手が落ち着いて話を整理させたあとになってはじめて、自分の意見を聞いてもらえることができます。
詳細を読む

「完璧な1日」の深層心理

その人の「完璧な1日」を知ることは、その人と同じ一時を過ごすうえでもっとも重要な相性チェックの手がかりになります。 これは「現実or理想」と「日常or特別な1日」の4パターンが考えられます。 「夢×毎日」であれば、相手は夢を支えて、なおかつ、完璧な毎日のために努力を強いられるので、かなり面倒なタイプです。 一番楽なのは、「現実×特別な1日」です。 例えば「毎年1回は海外旅行にいく」ということであれば、その日のために頑張ればいいのですから、その1日のためのプランを共有すれば、あとは特に問題はありません。
詳細を読む

「鼻歌」の深層心理

「いつ歌った」だけでなく「どんな歌」を歌ったのかも聞いてみると、最近おこった出来事に対してとう感じているかを読みとくことができます。
詳細を読む

「肉体的な若さ」か「精神的な若さ」か?

また、「肉体」を選んだ人は、外面や世間体を気にする傾向とも考えられます。 逆に「精神」を選んだ人は、なにか強い欲求があり、それを叶えるまでスピリッツを維持したいと思っているかもしれません。
詳細を読む

「死に方」の深層心理

心理学では「死」は古い自分から新しい自分に生まれ変わることを意味しています。 「死に方」に対しての深層心理は、どうやって今の自分を変えるのか、どんな事により今の自分が変わるのかを示唆しています。
詳細を読む

相手との共通点は理想の裏返し

「考え方が似ている」とか「ポジティブ思考」というように、見方を変えれば違う答えになりそうな主観的な事象をあげた人は、自分の理想を相手に求める人かもしれません。
詳細を読む

感謝の対象を広げさせる

脳科学では、「人は意識的に感謝を習慣化することができ、それによって幸福度が増す」ということが証明されています。 ここでのポイントは「意識的に感謝する」ということです。相手の感謝の対象を広げさせてあげることは相手の幸せをサポートすることになります。
詳細を読む

変えられない自分への言い訳

外部環境はコントロールはできません。コントロールできないからこそ受け入れるしかないのです。 とはいえ、その事実を自分の中に封じ込めるのではなく、あえて他人に言ってみることが重要です。
詳細を読む

思考は運命を変える

相手の言葉から、思考がわかります。 その言葉は行動になるわけですから、自分との関わり方も見えてきます。 さらにいえば、相手のこれからの人生も見えてきます。 あなたが諭すことで相手の思考がかわるかもしれません。
詳細を読む

手に入れたい能力はコンプレックスの裏返し

「欲しい特殊能力」は深層心理で何にコンプレックスを持っているのかがわかるとされます。
詳細を読む

般若心経の教え

真実はどうでもいい、いまの事実をありのままにうけとめれば、気持ちは楽になるということです。 相手もそう思ってくれれば、こんな楽なことはありませんよね。 だから、相手の知りたい真実もまたどうでもいいわけです。 それよりも、そんな相手に自分が何をしてあげられるかが重要なのです。
詳細を読む

背中を押してくれる存在が運命の人

人は自分のことを「守ってくれているんだ」と思うと、一歩を踏み出すことができます。 傍から見れば些細なことでも、本人にとっては重要なこと。 それに対して背中を押してくれる人こそ、運命の人なのです。
詳細を読む

相手の原体験を知る

相手の成功の原体験には後世に通じるヒントが隠されています。 それがあなたにとって好ましいもの、守ってあげたいものであれば、相手にとって相応しい人です。 逆に誰もが認めるような自慢話をしてくるようならば、まだ距離があるのかもしれません。 相手の原体験に触れることができたら、それはあなたと近づいた証拠です。 「そんなたいそれた成功体験はない」という人でも、なにかしら小さな成功体験はあるものです。 ポイントはその原体験を共有することです。原体験こそすべてなのです。
詳細を読む

友情とは期待値だった。

本当に助けてくれるかという事実よりも、助けてくれるという期待させることが友情の維持になるようです。 逆にいえば、いざというときにそれに答えればいいのではなく、普段から相手を気にかけることが友情の印ということになります。
詳細を読む

思い出思考型と未来思考型

「思い出」がその人にどういう役割を果たしてるかというと、 1.心の支えになっている 2.未来の原動力になっている 3.自分の経験を判断根拠にできる 4.人との関わりを覚える ということがあげられ、相手の思い出を共有するとその人の考え方も見えてきます。
詳細を読む

つらい思い出の克服法

嫌な思い出は、客観的な第三者の視点で考えるようにすると、気分が軽くなります。 つまり、他人に話して、それをフィードバックしてもらうとで、今後そのことで振り回されることはなくなります。 ですので、夢で急に思い出して不安にかられるよりも、率先して吐き出す方がいいのです。
詳細を読む

死ぬ時に考えること

スティーブ・ジョブズ氏は「最後の言葉」で、「あの世に築き上げた富は持ってはいけない。いま一番欲しい物は健康だ。」と言っており、最後には「自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください。」という言葉でしめています。
詳細を読む

男女の友情は成立するのか?

心理学では男性に比べ女性の方が、友情が恋心に変わりやすいとされています。 ただ逆に、男性よりも女性の方が、友情と恋愛感情をはっきりと区別していることも判明しています。 つまり、女性は、友情と恋愛をわけながらも、恋愛に意識的にシフトしやすいということになります。
詳細を読む

ポイントは相手が思う「愛」の定義

愛とは何かを理解するのが重要なわけではなく、また自分が思うところの愛情深い人間になることが重要でもなく、その相手が求める「愛」に答えることができるかがポイントとなるようです。
詳細を読む

実は4番目の項目こそ本命

3つを出してもらったあとに、「同じ要素をもつ2人の異性があらわれました。もうひとつ要素を付け加えてどちらかを選ばなくてはなりません」という追加設問があったときの答えになると、たちまち「容姿」や「年収」などのホンネが出てきます。
詳細を読む

家族には5つの役割がある

家族で担った役割は、社会に出たあとの対人関係や男女関係にも影響し、自分が作る家族でも再現されるそうです。
詳細を読む

半数の人に潜む「母子癒着」

母親の都合を押し付けられて育った人は自尊心が低くなる傾向があります。 自分の気持ちが分からなくなり、相手にふりまわされるようになります。 相手にとっては、都合のいい存在になるかもしれません。 でも実はその逆で、本人自身は自分を大切にできないので、相手を大切にできなくなるのです。
詳細を読む

1日の出来事メールの対処法

今日1日の出来事を送られると返答に困ることはカップル間でよくあることです。 「で、いったい何が言いたいんだ」というものです。 そこで、「そうなんだ、大変だったね」といった、そっけない感じの返答がかえってきて、という展開が見えてます。 そういう時は、文章を簡潔にして、相手の意見を求めるような形にすると、相手も返事がしやすいです。
詳細を読む

レアケースの願望に答えることが恋の近道

共通の趣味を持つことは、楽しい時間をふたりで共有できるので、恋人関係を長く続ける秘訣になります。 とはいえ、ある調査によると2組に1組のカップルは「共通の趣味がない」と答えています。
詳細を読む

親友の条件

一般的には「目的」か「興味」が同じだと友達になると言われています。 それは「気が合う、合わない」ということではないとも言われています。 また「その人が興味があることに」興味を持つことでも距離を縮めることができます。 とはいえ、友達はいても、親友がいないという人が多くいます。 一説によると親友がいると答える人は全体の1割だそうです。。
詳細を読む

好きな理由を言うには洞察力と表現力が必要

人とは違う観点を見つけてみると、回答しやすいかと思います。 今回は相手を喜ばす言葉を出すわけではなく、自分の本心を伝えることがポイントです。
詳細を読む

恥から自信へ

「恥」と向き合っていくと、自信につながり安心感が生まれます。 たとえ恥ずかしい体験をしたとしても、それを受け入れてもらえる場があれば、その人は自信を取り戻すことができます。
詳細を読む

泣かせたら勝ち

人前で泣いた時、その人の前では自分をさらけ出すことができ、その人によって自信と安心を手に入れたことになります。
詳細を読む

未知の窓を開かせる存在が運命の人

心理学でよく使われているモデルである「ジョハリの窓」は、「自分が知っているかどうか」と「他人が知っているかとうか」の2の軸で4つの窓(捉え方)があるというものです。
詳細を読む

笑いのツボが一緒なのはセンスではなかった。

冗談というのものは、相手に伝わるかどうかを見極めることによって初めて成立します。 こういうことがお互いわかって冗談をかけあうことができると、「笑いのツボが同じ」という共感を生むわけです。
詳細を読む

あなたに預けた遺言

いまはあなたが、その遺言状の預かり人となっていますが、もしかしたらそのうちに、受取人になっているかもしれません。
詳細を読む

「火事の時に持って逃げるモノ」の深層心理

「あなたにとって一番大切なもの」と「お金への執着心」がわかるとされます。
詳細を読む

手放したくないもの

一番死んでほしくない人は、その人にとって大切なことを表しています。
詳細を読む

アドラー心理学と四魂

アドラー心理学では、人生のすべての問題は3つの課題に分類できるとしています。 そしてそのすべては対人関係上の問題としています。また、アドバイスのアプローチとして「四魂」の考え方も有効です。
詳細を読む


取扱説明書
よくある質問<重要>
絆を深めるLINEスタンプ
cat
絆を深める36の質問とは?